ガンプラ【HGUC ゲルググ】キットレビュー

HGUC ゲルググ

ガンプラスタジオ DONです。こんにちは!

今回はHGUC ゲルググのガンプラレビューです。

「機動戦士ガンダム」に登場するシャア専用ゲルググを紹介いたします。

頭部モノアイは左右に可動、シンボルであるツノはアニメ版デザインで再現、腹部ブロックの上下に可動ポイントを設け、上半身の反りやひねりといったアクションが再現可能。

ということでHGUC シャア専用ゲルググをじっくり見ていきましょう~!

スポンサーリンク

説明書、ランナー

説明書です。

このイラストめっちゃかっこいいんですよね~(*^-^*)
カトキハジメさんのコンセプトデザインも描かれています。けっこう指示が細かいw

ランナーは5個とポリキャップとホイルシール一枚です。
ABSのランナーはなく、すべてPSポリスチレンです。(ポリキャップはPEポリエチレン)
発売当時はABS部品もあったようです。
すべてPSなので、塗装派の方はうれしいですね~。

ホイルシールは、モノアイ+黒部分と、モノアイだけを選択することができます。

完成

完成した姿がこちらです!
どっしりとした原作風なスタイルですね。


本体の色分けはほぼできていると思います。
モノアイは付属のホイルシールで再現できるようになっています。(写真は貼っていません。)

斜め
この角度好きです(*^-^*)
盾裏はめっちゃディティールが入っています。なぜここだけ力が入っている!?

ビームライフルはほっそほそですw
ダボがないので、グラグラしますね。

盾は背負うことができます。

盾はけっこうヒケが目立ちますね。

モデグラ風に。

盾をはずすと薙刀が現れます。
向かって左側が盾用の穴です。

薙刀をはずせます。

バックパックを背負えるように蓋がはずせます。
このキットにバックパックは付属していません。

盾の裏側はめちゃくちゃディティールが入っています。
なぜ!?
カトキハジメさんの指示っぽいですねw

右手は、グーもついています。薙刀を持つ時はこちらに交換します。
左手は、パーがついています。

可動

肩パーツは90度可動します。
腕の可動は水平までもう少しというところです。
脚はポリキャップだけなので、あまり開きません。

脚の軸は少し回転します。
股間部はポリキャップです。
中央の蓋を外すと、アクションベースで飾ることができます。四角穴形状です。

ひじは90度曲げることができます。
ひざは90度に少し足りないくらいですね。

頭パーツをはずせばモノアイを可動することができます。

腰部は完全に横に向けることができます。

合わせ目

合わせ目がいたるところに出ます。

肩部:合わせ目が出ます。
首の横部:合わせ目が出ます。

前腕:合わせ目が出ます。

三角筋:合わせ目が出ます。
肩部:合わせ目が出ます。
手首:合わせ目が出ます。

ひじ:合わせ目が出ます。

腹部:合わせ目が出ます。
太もも:合わせ目が出ます。

ふくらはぎ:合わせ目が出ます。

ひざ:合わせ目が出ます。
ビームライフル:合わせ目が出ます。

ポージング

左手にビームライフルを持たせることができます!

薙刀を構えてみました。
ダボがないので、グラグラです(*_*)

盾は左手の腕に装着することができます!

スミ入れつや消し塗装をしたEGガンダムとの比較です。
頭1つぐらいゲルググの方が大きいですね。

使用工具、塗料、道具

◆使用工具 、道具
・タミヤ:薄刃ニッパー
・タミヤ:デザインナイフ

◆カメラ
・カメラ EOSKiss X10
・レンズ SIGMA 50mm F1.4 DG HSM|Art

最後に

HGUC ゲルググのキットレビューいかがだったでしょうか?

2006年10月に発売されたキットですので、合わせ目は結構出る構造になっていますね。
またABSパーツがないので、塗装される方はうれしいのではないでしょうか!

スタイルはMGとは異なりどっしりしたスタイルですね。
手首から先が大きいように思います。
余分なディティールアップがほとんどなく、原作に準じた形状になっているので、原作が好きな方はこちらの方が好まれるのではないでしょうか。

つや消しを吹いていないので、光でテカっていることもあり、ゲルググの色がきれいに表現できていないし、バラつきも大きいですね。反省です(-_-)

以上、HGUC ゲルググのレビューでした。
ぜひ他の記事も読んでいただけたらうれしいです。

では、また!
さよなら、さよなら、さよなら!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました