ガンプラ【HGUC Zガンダム3】完成 成形色仕上げ+ウェザリング仕上げ

HGUC Zガンダム

ガンプラスタジオ DONです。こんにちは!

HGUC Zガンダムのガンプラレビュー3回目です。
前回つや消し成形色仕上げのレビューをしましたが、今回は更にウェザリングを施してよりリアルタイプに仕上げようと思います!

ガンダムマーカーやウェザリングマスターを使っての比較的簡単なウェザリングですが、仕上がりは全塗装並み、いや全塗装を完全に超えました(笑)

ぜひ最後まで見てくださいね!

スポンサーリンク

成形色仕上げ+ウェザリング

作成手順は、
パチ組→ゲート処理、合わせ目消し→アンテナのシャープ化、スジボリ、凹モールド、リベット風穴あけ→洗浄→スミ入れ(ガンダムマーカー)→デカール貼り→つや消し塗装(スーパースムースクリアー)→汚し(ウェザリングマスター、ガンダムマーカー)→ドライブラシ(エナメルシルバー)→ハイライト(ウェザリングマスター)→つや消し塗装→センサーキラキラ化(ラピーテープ)、ツインアイキラキラ化

書き出してみると、なんやかんやいろいろやってますねw

脚首に追加したセンサーがきれいに光っています。ラピーテープは光の当たり具合でキラキラ光ります!胸、腰、ひざにもセンサーを追加しています。

汚しでトーンをだいぶ落としているので、キラッと光るセンサーを追加することで、表現の幅が広くなり、おもしろくなったと思います。

もし真似されたい方は下記にYoutube動画のリンクを貼ってあるので、参考にしてみてください。

これ成形色仕上げなのですが、全塗装したように見えますね~。
全塗装せずに時短でこんなにカッコよくなるなら、これでええやんと正直思いますw
ガンダムマーカーとウェザリングマスターの組み合わせ最強です!


ウェザリングは、ウェザリングマスターDセットのオイルをパーツの端面に沿ってスポンジでぬっています。
その後、ガンダムマーカーのリアルタッチブラウンで点々を書いて、ボカシペンで周りをボカシて汚しています。詳しくはYoutubeを参考にしてみてください。

バックパックの赤い部分は、水性AQUEOUSのフラットホワイトで下地を筆塗し、上からシャインレッドを塗りました。

デカールはGreworkさんの水転写デカールを使用。盾にAGの文字がカッコいい!
日本でもメルカリ等で買えるようですので、よかったら貼ってみてくださいね(*^-^*)

ビームライフルの汚しは、ウェザリングマスターDセットの青焼けを塗り、ドライブラシをするといい感じの使用感がでます。

ツインアイは、キットに付属のホイルシールを目の部分だけカットして貼って、その上に100均の透明レジンでコーティングしてみました。奥行が出て、キラキラしてきれいです!

腰とひざと内ふくらはぎのグレーは、水性AQUEOUSのニュートラルグレーとフラットホワイトを混ぜて筆で部分塗装しました。素敵な感じになりました!

ハイパーメガランチャーカッコいいですね!

今回この写真が一番好きです(*^-^*)

モデグラ風にw

ハイパーメガランチャーは両手で構えられます!

二刀流カッコいいわあ~

ウェーブライダー形態です。めっちゃカッコいい~!
全塗装だと変形させるときに塗装が剥がれないかめっちゃ気をつかうのですが、成形色仕上げなのであまり気にせず変形できます!

使用工具、塗料、道具

◆使用工具 、道具
・タミヤ:薄刃ニッパー
・タミヤ:デザインナイフ
・タミヤ:ピンバイス0.5,1.0mm
・スジボリ堂:BMCタガネ 0.2mm
・Godhand:スピンブレード 1.4mm
・ケガキ針
・100均:スポンジヤスリ
・100均:ラピーテープ
・Grework:水転写デカール HG Zガンダム用

◆塗装
・クレオス:Mrカラースーパースムースクリアー
・バンダイ:ガンダムマーカー リアルブラウン、リアルグレー
・タミヤ:ウェザリングマスターA、Dセット
・Testors:メタリックシルバー
・水性AQUEOUS:フラットホワイト、シャインレッド、オレンジイエロー

◆カメラ
・カメラ EOSKiss X10
・レンズ SIGMA 50mm F1.4 DG HSM|Art

YouTube

最後に

HGUC Zガンダムの成形色仕上げ+ウェザリング仕上げいかがだったでしょうか?

今回は成形色つや消し仕上げ、超HGなGreworkさんのデカール、ガンダムマーカーとウェザリングマスターによる陰影や汚しで仕上げました。
めっちゃくちゃかっこよくできたと思います。

今回スジボリや凹みモールド、センサー部のディティールアップを施しましたが、なかなか時間がとれない方はディティールアップをせずにマーカーやウェザリングマスターで汚して、スーパースムースクリアー缶でつや消し塗装をするだけで全塗装を超えるような仕上がりにすることができます。

仕事、家族、趣味を両立するのは簡単ではないと思いますが、時短でかっこよくガンプラを作りたい方には参考になったのではないかと思います。

ぜひやってみてください!

以上、HGUC Zガンダムの成形色仕上げ+ウェザリング仕上げでした。
ぜひ他の記事も読んでいただけたらうれしいです。

では、また!
さよなら、さよなら、さよなら!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました